新着情報

  • 2017/12/07介護教室

    2017年12月7日(木) 山川公民館で介護教室が開かれ

    ひまわり調剤薬局の三瓶薬局長が薬のお話しをしてきました。


    地域の高齢者や、家族の介護をしている方たちが熱心に耳を傾けてくれました。





    タイトルは「薬のきほん」


    ひまわり調剤薬局の実習生さん(薬学部5年生)にもお手伝いいただきました。




    まずは、慣らしの○×クイズからスタート。


    「坐薬は座って飲む薬である」○か×か・・・



    今日の参加者はみなさん、詳しい方たちばかり




    実演もしました。


    こんな便利グッズがあるんです「トリダス」


     


    これなら指先に力が無くてもスムーズに薬を取り出すことができるし、

    取りだした薬が転がっていく心配もないですね!





    お薬にはいろいろな剤形(くすりのかたち)があります。


    これは、口腔内崩壊錠。水なしで飲む事ができます。


    大きな錠剤をのみ込むのは結構大変ですよね。

    腎臓に負担がかかるなどの理由で水分摂取制限がかかる患者様がいます。

    そのような方には、少ない水で服用できるので、とても便利ですね。


    実際にコップの中に「チャポン」


     


    あらっ不思議。見ている間にどんどん溶けて行きます。




    ピンクの笛は何だと思いますか?



    これ、イナビル練習用の笛です。


    イナビルはインフルエンザの吸入薬。

    この笛が「ピーッとなるまで勢いよく吸ってくださいね。」




    あっという間に90分が過ぎて行きました。


    熱心に聞いて下さった参加者のみなさま、ありがとうございました。